スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リラックスボイス パート2

前号で力を抜く!力んではダメよ(^^)とお伝えしましたが
緊張してるとき、声を出してやろう!と意気込んでいるときは
どうしても上半身(アゴ、首、のど、肩、胸など)に力が入って
しまい、逆に足腰・下半身は力が抜けてふらふらに。。。
なんて経験された方も多いのではないでしょうか?

。。。という私もいまだに上半身でついつい力んで歌う癖が
まだまだ抜けません(^^;)

では、極力力を抜くトレーニング。体の準備をご紹介。

 ①ストレッチこれは毎回レッスンの前にやってますね。体が楽器ですから
いきなりエンジンを温めずトップスピードで走りだそうとしても無理
です。体をほぐし、ベストコンディションに持っていくことが、よい
声の一番の近道です。

 ②リップロール唇ぶるぶる。。。レッスンでもやってますね♪これはボイトレにも
各種やり方はありますが、全世界共通して必須トレーニングと
されているのがこの唇ぶるぶるです。お口の周りの筋肉をほぐす
だけでなく、のど声にならない息の一定の吐き方の練習にもな
ります。

 ③タントリル
舌を巻き舌でRRRRとやってるあれです。これも舌まわりやアゴ
の力みをなくすのにも有効です。

 ④首をまわす首の前後に声帯を動かす筋肉や筋がありますので、ゆっくり
ぐるっと首を回すだけでもほぐれます。できるだけ温めてね♪



ある程度歌える方、今まで歌を長年歌ってきた方にとって
今後の一番の課題はこの「力を抜く!」ということです。
どうしてもシャウトして歌ったほうが、歌った~♪という感覚に
なりますが、他者からきくと耳触りだったり、本人ものどや各所
を傷める原因になります。力を抜いたほうが声が響く☆この感覚を
体感できるともっと楽に歌えてハッピーですね♪
スポンサーサイト
プロフィール

パラダイス☆スーザン

Author:パラダイス☆スーザン
パラダイス☆スーザン(ボイストレーニングインストラクター、プロボーカルインストラクター資格取得者)
バンドボーカル歴18年
各メディア取材多数
心理カウンセラーとしても官公庁ほか講師活動多数
現在、健康腹式ボイストレーニング教室開講
講師としてキャンセル待ちのカリスマインストラクター
ココロも体も健康に!音楽健康主義を提唱しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。