スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声の通り道をつくろう!!

「声」は「息」を音に(言葉)に変えたものです。と前号でお伝えしましたが、その「息」を歌う時はたくさん
使いますよね。
ということは、その通り道が広いほうが、必然的に楽に
息が通っていきますね。
通り道がせまいと、なかなか息がスムーズに流れません。

その通り道は、やはり「のど」。のどの開け方がキーポイント
になってきます。
高音が出しづらい。。。とお悩みの方多いのではないでしょ
うか?高い音を出そうと思うと、ついつい私たちは力んで
のどが閉まってしまいます。

力むと→閉まる では、力を抜くと→開く!!そう、力が抜けた時、のどは開き楽に息が通り抜け、いい
声がでます♪

とはわかっていても、ついつい力んでしますのが私たちの
習性ですね(^^;)




ではのどの開放の仕方をお知らせしましょう。


リラックス☆のどのトンネルGo!GO!GO!!

ボイトレのキーワードとして「リラックスボイス」とよく言われます。
どれだけ「力を抜く」「のどの奥を開ける」かが重要になってきます。
では、日ごろ何を気をつけたらよいでしょう。。。

①あくび。ふわぁあぁぁぁあ(´Q`)。oO力が抜けてのどが開放された一番いい状態は「あくび」ののどです。
歌う前に緊張してるな。のどが開かないな、と感じたら「ふぁああ」と
大きくあくびをしましょう!これでのどは開きますよ。

②お寺の鐘になって「ぼーん、ぼーん」力を抜いてぽかーんとお顔のちからも抜いて「ぼーーーん」と出た
声は「ゼロの声」と言います。上にも下にも右にも左にも体のどこ
にも力が入ってないリラックスボイスです。この状態で歌が歌えた
ら理想的ですが、高低ある歌の場合はなかなかここまで力は抜け
ませんよね。でもこのゼロの声の状態を体感しておくだけで、楽に
声はでる!ということをしっかり覚えておきましょう。

リラックスボイスについては簡単なようでなかなか奥深いものです
また今度詳しく触れましょうね♪
スポンサーサイト
プロフィール

パラダイス☆スーザン

Author:パラダイス☆スーザン
パラダイス☆スーザン(ボイストレーニングインストラクター、プロボーカルインストラクター資格取得者)
バンドボーカル歴18年
各メディア取材多数
心理カウンセラーとしても官公庁ほか講師活動多数
現在、健康腹式ボイストレーニング教室開講
講師としてキャンセル待ちのカリスマインストラクター
ココロも体も健康に!音楽健康主義を提唱しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。